飛蚊症の主な原因となっているのが硝子体です。この硝子体はゼリー状の組織になっていて膜に包まれていますが、この硝子体を取り除く事で視界の障害となっているものを消し去り、はっきりと見えるようになるのです。この治療方法が硝子体手術と言われる手術法で、一般的に飛蚊症には効果的だと言われています。症状が飛蚊症のみで、他に剥離や出血が無い場合であれば、手術は9割程度の確率で成功し、視力にも影響は無いと言われていますが、だからと言ってリスクが無いと言う訳でもありません。手術を受けた殆どの方の場合、「以前より減ったけれども完璧とは言えない」と言った程度の満足感しか得られない場合もありますし、「手術をしたにもかかわらず、飛蚊症が再発してしまった」と言ったクレームもあるようです。また、もし、手術を選択した場合は、手術に伴う入院や準備には眼球の滅菌の為の苦痛が伴います。それに、手術した後の数日間は、菌が絶対に入らないように細心の注意をして生活しなければなりません。その為、検査と安静期間が必要となって来ますので、ある程度の入院期間は覚悟する事になります。社会復帰に時間が掛かりますから、十分に医師と話し合う事が大切です。この他にも、手術の合併症により失明してしまう可能性もあると言われています。こういったことから、現在では、飛蚊症のみの場合には、病院側としても積極的に手術を勧めると言った事は少ないようです。以上のように、飛蚊症の手術はリスクを伴うといった事を理解しておく事が大切ですー